何かを始めよう

2019年08月26日

橋本寛司さん

独立しようと思ったのがセラピストの道でした。

●本科コース卒業後 前職 百貨店・ブティック店長からセラピストへ
●homesalon Loeb開業

インタビュー

入校される前は何をしておられたのですか

入校される前は何をしておられたのですか

デパート販売員をしていました。雇われで店長をしていて、ストレスもたまっていたと思います。そのためか、肌もぼろぼろでした。その頃、スクールに通い始めました。

転職のきっかけは

自分自身の肌が弱いこともあり、エステティシャンに興味がありました。

一般社団法人メディカルエステ協会を選んだ理由は

フェイシャルのモデル体験をして、強く思いスクールを決めました。覚えたいと思いました。

通い始められてどうでしたか

楽しいと思いましたし、向いていると思いました。
生徒さんは女性がほとんどでしたが、相モデルで授業をしていく間に心を開いていけました。色々な肌の人がいたし、人それぞれの好みを知るのは大変だったところでもありますが、勉強になりました。

独立開業コースでしたね

独立開業コースでしたね

リフレクソロジーとフェイシャルで開業しようと思っていました。リフレクソロジーは集中して通って、1ケ月ほどで慣れないながら習得しました。フェイシャルも集中して通い、開業コースなので開業一式ベッド・スチーマー・グランジュがあった為、家で練習しました。もともと仕事は、未定のまま独立しようと思っていたのですが、何か独立開業しようとは思っていて部屋も借りていました。入学と同時に独立開業一式セットを購入していたのですぐにサロンを作りました。オープン後にお客様の希望などを聞いてメニューなども一緒に作っていくようにしました。
今まで通ってくださっているお客様と一緒にいつまでも続けていきたいと思います。

取材の感想

覚王山徒歩10分の倉庫の一部屋と思えない素敵なサロンです。今回2回目だったのですが、最初は、倉庫とは知りませんでした。エステルームとカウンセリングルームは一緒で約6畳のお部屋には看板があり、顧客開拓はホームページのみです。一度来店されたお客様に、メールでキャンペーンのお知らせをされています。メニューも客様の要望を取り入れ一緒に作っていかれたそうで、お客様中心の心温まるサロンです。